ハンソデバンド

今NHKで皐月賞の中継を見ていたら、
ゲストは元サッカー日本代表の福西ということで、

「何故?」

とは思っていたのだが(NHKのサッカー解説になったかららしい)。

ところで、今回の出走馬に「ハンソデバンド」なる馬がいて、
そのケッタイな馬名からどんな意味かと思っていたら、
サッカーファンのオーナーが、いつも半袖のセレッソ大阪の播戸竜二から名前をとったとのことだった。

インタビューVTRで播戸が「僕も励みになる」的なことを話したあとに、アナウンサーが福西に向かって

「福西さんも、名前をつけてもらえればよかったですね」的なことを言ったあと、

「『ウゴケフクニシ』(動け福西)とか」

と言った。

福西は特に動かない選手として有名だっただけに、
有吉もびっくりなアナウンサーの毒舌ぷりに思わず耳を疑ってしまった。

一応アナウンサーは
「…『ボランチフクニシ』とか」
と付け加えていたけど、
もう遅いよ。

ああ、いつも爽やかな福西の顔が心なしか元気無く見えてしまう。
[PR]
# by kuro-san | 2010-04-18 15:59

ボブ

近所のCD屋のお兄さんが、
「実は一枚余分に持っているんですが」
と言ってくれたので、急遽行ってきました。

Bob Dylan in Zepp Tokyo。

忙しい中、どう理由をつけて定時に帰ろうか考え、
ロックファンの課長に
「ディランが来るんです」
といえば、帰してくれるのでは、と思ったが、
学生時代に
「洗濯機が来るので授業休みます」
と人づてに伝言したら、
先生から
「『馬鹿野郎』とお伝えください」
と人づてにお言葉を頂戴したのを思い出したので、
黙って帰った。

ディランはギターではなく、オルガンをずっと弾いていた。
すごく楽しそうで、恐らく何度か笑っていた。
「ライク・ア・ローリング・ストーン」よりも、
原曲からがらっと変えた「嵐からの隠れ場所」にずっと感動した。
他の日ではやっていた「ノット・ダーク・イェット」をやってほしかったが、
代わりに「イッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー」を初披露した。
訛りがひど過ぎて、何を言っているのかまったく聞き取れなかった。
そのかわり、身体を揺らしながら聴くような、とびっきりのロックの音だった。
変化を恐れないから、ディランはいつまでも若いのだと思う。
[PR]
# by kuro-san | 2010-03-27 01:15

唐辛子オーバードーズ

f0030914_23143513.jpg

この間、近所のつけめん屋さんに行って、料理が出てくるのをぼーっと待っていたら、
向かいの席のおじさんが、ピリ辛つけめんのつけダレにラー油をざっと垂らした後、
唐辛子をザバザバ振り掛けて、初めてめんをつけていた。

「だったら『超激辛で』とか言えばいいじゃん」
と思いながら見ていたら、また唐辛子をザバザバ。

「咳込まねぇかな」と意地の悪いことを考えていたが、特にそんなそぶりも見せず、
最終的には、スープでつけ汁を割って飲んでいた。

そういえば、この間は、サイゼリヤでスパゲッティに粉チーズをこれでもかとかけているお姉さんがいたな。
僕が座っていた隣の席までチーズの匂いが漂っていたけど、
彼女はもう少しお高いパスタ屋でもそうするのだろうか。

うーむ。
[PR]
# by kuro-san | 2010-03-04 23:14

アンテナができた

f0030914_10374029.jpg

FMのアンテナですが、昨日、近所の電気屋であっさり解決しました。

きっかけは、女子カーリング決勝の最後を見ようと思ってテレビコーナーをうろついていたところ、店員さんに不審そうに声をかけられたからでしたが。
[PR]
# by kuro-san | 2010-02-28 10:37

ベイエリアから、リバプールから。

もう何ヶ月前の話になるだろうか。
うちのかわいいコンポのFMラジオのアンテナが、根元から切れてしまった。
おかげで、FMが一切聞けない。

すると、それまで勝手に入ってきていた音楽情報が一気に狭まってしまった。

僕の音楽趣味に多大な影響を与えたピーター・バラカンの「WEEKEND SUNSHINE」も、
その次に放送されていて、中納良恵の「ソレイユ」を知ったゴンチチの「世界の快適音楽セレクション」も、
ヒマな大学生時代の夕方のお供だった「GROOVE LINE」も聞けなくなってしまった。
(最後のは音楽なのか?)

また、火曜の夜に必ずMD録音して、翌朝通勤中に聴いていたバンバンバザールの「Goo Goo RADIO」なんかは、耳の調子が悪くなって一切ウォークマン系を絶っていることとダブルパンチで聞けないことが寂しい。
マリーナ・ショウから、デスーナーズ、ハーブ・オオタまで、本当に取り上げる音楽の幅が広くて良い番組なのだけど。

最近、CDを買う量自体は減ってないが、自分の知っている範囲で買ってしまうため、予測できるものしか伝わってこない。
何だか根っこに栄養が来ていない感じがする。

世の中には自分の知らない、いい音楽が沢山ある。
音楽に関しては、受け身な方が世界が広がるのではないか。
いや、能動的に受け身な姿勢を取るというのが正確なのか?

とりあえず、そのために自分は電波をキャッチするためのアンテナを文字通りはらなければならない。
コンポについている、あのヒモのようなアンテナはどこにあるのだろう。
最近は、デジタル録音ができるラジオもあるらしいぞ。
買いか?買いなのか!?

と、ここまで書いて、そんなことは、僕が生まれたころには既に清志郎が訴えていたことなんだ、と気付いてしまった。
なーんだ。

ちなみに、最近の僕の「トランジスタラジオ」は、大橋トリオのファーストアルバムをリピートしているオシャレ系ラーメン屋だったり、
アジア系の店員がマーサ&ザ・ヴァンデラスの「Heat WAVE」が流れる有線を選局しているコンビニだったり、
ボブ・マーリーの「IS THIS LOVE」が聞こえてくる長崎空港のスターバックスだったりする。
[PR]
# by kuro-san | 2010-02-23 22:55